2017年1月29日日曜日

男はつらいよ 順番 ファン注目ポイント付 Amazonプライム視聴用順番 ソート(更新中)

OHAJIKI
=偉い兄貴になりたくて奮闘努力の甲斐もなく今日も涙の陽が落ちる= (主題歌より)

寅次郎のマドンナに対するスタンスはいつもほぼ同じです。しかしマドンナ側のスタンスにはいくつかのパターンがあります。

  • 寅次郎の想いを承知で利用する
  • 寅次郎の想いを知って普通に断る
  • 寅次郎には関心がない
  • 寅次郎とはともだち
  • 寅次郎のことが好き

このエントリでは、僕の独自解釈ですがマドンナ側スタンスをひとことを添えて、公開順にソートしたいと思います。特に初期の作品は公開順がわかりにくいですからね。

上記「寅次郎の想いを承知で利用する」という表現は配慮に欠けるように思えると想いますが、20作目でワット君が実際口にするセリフです。承知というのが無意識であっても人の温かな気持ちを弄んではいけないというメッセージも作品には込めらています。


01作目 男はつらいよ

マドンナ(御前様の娘冬子さん):寅次郎とはともだち
注目:さくらとひろしのなれそめ、御前様の家庭、登の寅屋手伝いなど全編注目


02作目 続・男はつらいよ

マドンナ(水戸黄門様の娘夏子さん):寅次郎とはともだち
注目:寅次郎の母、菊初登場。満男初登場。

マドンナ(旅館経営者の女将お志津さん):寅次郎の想いを承知で利用する
注目:登が旅行代理店で懸命に働くも経営者に騙される。寅次郎宝くじ当てる。

マドンナ(下宿中の幼稚園先生の春子さん):寅次郎には関心がない
注目:見合い相手の駒子の身重を知った寅は駒子と彼氏と復縁させる
マドンナ(豆腐屋の娘節子さん):寅次郎の想いを承知で利用する
注目:登にカタギになるように指導し兄弟の盃を割る


06作目 男はつらいよ 純情篇

マドンナ(下宿中の人妻の夕子さん):寅次郎の想いを知って普通に断る
注目:長崎の港で宿代がわりに身体を提供しようとする女性の提案を拒否する
注目:ひろしが朝日印刷から独立するための資金をひろしの父はハガキ一枚で断る


07作目 男はつらいよ 奮闘篇

マドンナ(出稼ぎ中のイノセント娘の花子さん):寅次郎のことが好き(保護者として)
注目:寅次郎の母、菊再登場
注目:1作目のマドンナ冬子さんゲスト登場
注目:おじちゃんが幼稚園の先生の春子さんを秋子さんと勘違い
注目:家族や視聴者が事の推移を心配し心がキリキリする特別な一本


08作目 男はつらいよ 寅次郎恋歌

マドンナ(喫茶店の貴子さん):寅次郎とはともだち
注目:岡山のひろしの実家でお父さん再登場。ひろしの二人の兄の家族登場
注目:誰かを守るために金を得ようと懸命に露天商をする寅が己の無力を思い知る屈指のシーケンス。警察からの心ない言葉に無言の痛み。
注目:初代おじちゃん最終作
注目:大空小百合さん初登場


09作目 男はつらいよ 柴又慕情

マドンナ(小説家の娘歌子さん):寅次郎とはともだち
注目:札束をめぐんでやる夢に前作のトラウマを感じさせる
注目:2代目おじちゃん登場、旅先で登再登場。


短く楽しむなら次の10作目を完結編としてもOK。



10作目 男はつらいよ 寅次郎夢枕 

マドンナ(同級生で美容室の千代さん):寅次郎のことが好き
注目:前作でさくらが耳にした町内の寅の噂話が冒頭で映像化
注目:旅先の叙情的な映像シーケンスが導入(シリーズ長期化のため監督さんの自由裁量枠が増えたか)
注目:旅先で登が偽寅次郎として登場
注目:プロポーズを受理される極めて稀なエピソード


次はシリーズを最終話まで見るなら絶対に避けて通れないエピソード。ここからシーズン2と考えてよし。



11作目 男はつらいよ寅次郎忘れな草

マドンナ(歌手のリリーこと清子さん):寅次郎とはともだち
注目:おもちゃのピアノ、ラブリイ
注目:満男のファーストキス(ほほに)
注目:1〜10作目までのおさらい談義。全員が幼稚園の先生の春子さんを秋子さんと勘違い

ここで一旦まとめておしゃべりランチ。





12作目 男はつらいよ 私の寅さん

マドンナ(同級生の妹で画家のりつ子さん):寅次郎とはともだち
注目:梅太郎(たこ社長)への土産にタコの干物をチョイスしているとらやファミリーのファックセンス
注目:10作目のお千代さんの話題がすこし出て視聴者的にはざわつくが、まったく気持ちにひっかからない様子の寅次郎。


13作目 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

マドンナ(窯元の絹代さん):寅次郎とはともだち
マドンナ(09作目の歌子さん):寅次郎とはともだち
注目:寅次郎の今後の予定地のひとつとして尾道をあげる
注目:09話のミドリさんとマリさんセリフ無しながら再登場
注目:寅次郎泣く
備考:砂浜エピローグ


14作目 男はつらいよ 寅次郎子守唄

マドンナ(看護師の京子さん):寅次郎とはともだち
注目:3代目おじちゃん登場。おじちゃんが団子屋のあととりにひろしを希望しているもののひろしの生き方を尊重していることを吐露。
注目:さくら名義の預金通帳 7,700円(物価5.7倍とすると43,000円相当)。安い民宿なら一週間程度泊まれる金がありながらたまに野宿をしても手をつけてない事を考えると寅次郎のさくらへの深い想いが込められた名シーン。前作で口下手な歌子の父に共感して涙する寅次郎の心中も透過してみえてくる。



15作目 男はつらいよ 寅次郎相合い傘

マドンナ(歌手のリリーこと清子さん):寅次郎のことが好き
注目:京子さんの話に花を咲かせる
注目:とらや印のからさは、籍や社会的対面の向こうにあるいい夫婦の日。家族の想い。
備考:砂浜エピローグ


16作目 男はつらいよ 葛飾立志篇

マドンナ(食堂のお雪さん*話のみ):不明
マドンナ(御前様の親戚で大学助手の礼子さん):寅次郎には関心がない
注目:「男」が寅次郎以外にシフトする第3シーズンへの布石実験的エピソード


17作目 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

マドンナ(龍野の芸者ぼたんさん):寅次郎には関心がない & 寅次郎の想いを承知で利用する
注目:満男のセリフがある
備考:行商の商品カエルのおもちゃがどんどん値下がりして300円
備考:ポップでたのしげでかなしげな三味線旋律のBGMや口笛の故郷の空BGMなど


次の18話をてらみなと式男はつらいよシーズン2の完結編とします。


18作目 男はつらいよ 寅次郎純情詩集 (楽しいですが後味がしょっぱいです視聴される前に心のご準備を)

マドンナ(満男の先生の雅子さん):寅次郎とはともだち
マドンナ(満男の先生の雅子さんの母親綾さん):寅次郎のことが好き
注目:大空小百合さん再登場
注目:独立意思を持つほど仕事に誇りを持っていたひろしが学歴や職業にコンプレックスがあることを吐露。社会のバブルへの兆しやピアノの置ける家の件も影響か。
注目:梅太郎(たこ社長)は若い頃職工で努力して起業したことを明らかに。
注目:ラストのある式を自分が取り仕切ろうと言いださない寅次郎
備考:18作のことには触れないものの黙って新潟を旅するる20作と31作と47作(渥美さんの体調発覚後)


短い間ですが愛されていたと知らされながらその相手を失った寅次郎は今後、積極的恋愛の熱量は低空飛行ぎみになり、誰かを支える立場に変遷していきます。ここからシーズン3と考えてよし。



19作目 男はつらいよ 寅次郎と殿様

マドンナ(殿様の義理の娘鞠子さん):寅次郎とはともだち
注目:ポチかい?
注目:恋に対する熱量の低い寅次郎

シーズン2を語るうどん


20作目 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

マドンナ(食堂の店員幸子さん):ワット君が好き
マドンナ(ワット君の姉藤子さん):寅次郎の想いを承知で利用する
注目:たとえどんなに愛しあっていても運命の糸が繋がっていなければ結ばれることはないと語る寅次郎。
注目:ラストで寅次郎が向かう新潟弥彦は、JR弥彦線で18作の雅子さんがいる六日町を通過する。場所は特定されないが地蔵にみかんを供え祈る。
注目:大空小百合さん再再登場
備考:とら屋大事件



21作目 男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく

マドンナ(SDKの奈々子さん):寅次郎とはともだち
注目:踊りをみて苦しい想いやつらい想いを忘れようとすると吐露する寅次郎
注目:衝撃的な場面を目撃しながらも深く落ち込んでおらず、人知れずラストショーを観た寅次郎は友達を見守る視線(あんな舞台にリリーも立たせてやりたいと思ってるのかも)
備考:梅太郎(たこ社長)のモヒカンヘア
備考:寅次郎があこがれた職業はチンドン屋とサーカス団(人をたのしませる仕事)
備考:留吉(武田鉄矢さん)が結婚を前提として付き合っていると思っている相手には親密な恋人がいてただの友だちだと告げられるシーンはワット君のセリフのリフレイン。


22作目 男はつらいよ 噂の寅次郎

マドンナ(失恋中の瞳さん):寅次郎とはともだち
マドンナ(夫と別居中でとら屋で働く早苗さん):寅次郎とはともだち
注目:信州の旅の途中ひろしのお父さん登場。妻の墓を掘り起こす話を聞かせる。
備考:寅さんすきよ については議論がある


23作目 男はつらいよ 翔んでる寅次郎

マドンナ(マリッジブルーなひとみさん):
注目:

がんもどき, 湯豆腐 嵯峨野, 京都
里芋煮


オープニング主題歌の変遷についてはさすらいの月虎さんでまとめられています。

君は今日からティーティーウーだsvの映画の感想サイトへ 戻る。

トップの写真はMichiyo@flickrさんの写真。手のひらの赤いおはじき。

0 件のコメント:

コメントを投稿